美容と健康の両方得るダイエット方法教えます

綺麗な女性

UPDATE POST

NEW2017/10/11
二重のプチ整形の手軽さと人気の理由を追加しました。
NEW2017/10/11
ニキビケアに最適な対策についてを追加しました。
NEW2017/10/11
美肌によい食材ヨーグルトを追加しました。
NEW2017/10/11
ダイエットはカルニチンが効果的を追加しました。

≫ 記事一覧へ

運動不足解消のためにやっていること

女性と花

私の仕事はデスクワークです。なので気が付いたら2時間椅子に座りっぱなしだった、とかいうことはしょっちゅうです。完全に運動不足です。
これではまずいと思って、早朝ウォーキングをしようと思いましたが、朝起きることができず失敗。仕事や買い物のついでにウォーキングをしようと思っても、なかなかできません。そんな自分に嫌気がさして自己嫌悪の毎日。
そこで、なにか目標となるものがあれば良いのかもしれないと、歩数計を買うことにしました。普段、自分はどれくらい歩いているのか、知ることが大切だと思ったからです。
毎日つけるものなので、気分が上がるように可愛いピンク色のものを選びました。それで一日測ってみたらなんと、3000歩も歩いていなかったのでびっくりしました。
でも自分の実態が分かったので、目標を決めました。最初は無理なくと思い、5000歩あるくことにしました。
仕事の合間にもトイレに行ってみたり、外を歩くときにも少し遠回りをしたり、なるべく階段を使ってみたり。
そうやっていたら5000歩になっていました。次の日も歩数計を付けて、5000歩を目指してがんばって歩きました。毎日歩数計を付けているうちに、ほぼ毎日5000歩あるくことが出来るようになってきました。やればできるんだと自信が付いてきて、目標を7000歩に決めました。
最初はきつくて、目標を達成できない日もありましたが、だんだんと7000歩の目標を達成できるようになってきました。
歩数計をつけ始めて1ヶ月ほど経ったとき、体重計に乗ってみたら2キロ痩せていました。そして、よく歩くようになったからか、肩こりが前よりもしなくなっていることに気が付きました。よし!頑張ったご褒美だ!と嬉しくて仕方がありません。
今や歩数計は私のパートナーです。そしてまた目標は1万歩になっています。ちょっと大変な時もありますが、無理なく頑張っていこうと思います。

ダイエットで便秘にならない方法


ダイエットをすると良く便秘になると言われます。
実際、私自身もこダイエットをして便秘になった経験があります。

何年か前に少し本格的なダイエットをしたことがありました。
そのときに私がとったダイエット法は、とにかく食事の量を減らすことです。

食事の量を減らせばお腹のなかがスッキリするものだと思っていましたが、実際はその逆でした。
ダイエットを始めるとすぐに便秘になってしまいました。

下腹が張ってしまいダイエットをして却って身体が重く感じられるようになってしまいました。
また肌は腸の状態がすぐに影響しますので、便秘になると肌荒れも起こってしまいました。

ダイエットをすると便秘になりがちになることを当時の私は知りませんでした。
後から判ったことですが、食事の量を減らすと消化され排泄される物も減りますので便秘になりやすくなるのだそうです。
この事を知ってからはダイエットを行う際はカロリーの低い大根やコンニャクを沢山食べ便秘にならないよう注意するようにしています。

また、ダイエットの際には油分の摂取を控えがちですが、天然の植物オイルは摂った方が便秘対策になると知りました。
サラダなどに天然の植物オイルを使ったドレッシングをかけて食べると便秘対策としても良いそうです。
便秘は美容にも良くありませんので、ダイエットの際には気を付けていきたいと思っています。

おすすめの美肌ケアについてご紹介。

美肌は美人の重要な条件です。お肌がきれいであればそれだけで女性は美しく見え、若々しく見えるものです。その美肌ケアについてご紹介します。
まず、美肌の条件は「乾燥していないこと」です。たっぷり化粧水を使って保湿をしましょう。また、保湿をしたらオイル等で水分を逃がさないようにカバーすることも大切です。日中乾燥してきたなと思ったら、スプレータイプの化粧水をメイクの上からサッと吹きかけて保湿しましょう。そして、体の内側からも水分を摂取しないといけませんので、水分はこまめに摂るようにします。
次に、「美白ケア」です。この美白ケアには日焼け対策も含まれます。外出する際には必ず日焼け止めをたっぷり塗ります。更に、サングラス、マスク、帽子、ロンググローブ、日傘等の日焼け対策グッズも使いましょう。そして、大切なのは日焼け止めの効果の持続時間についてです。大体の日焼け止めは2時間も経てば効果が薄れてしまいます。そのため、長時間日光にさらされる場合は、2時間置きに塗り直しが必要になります。ですが、メイクをしている上から塗りにくいという方は、スプレータイプの日焼け止めも売っていますので、メイクの上からスプレーをしましょう。塗るタイプが良いという方は、日焼け止めを使ってメイクを一旦落として、メイクをし直すという方法もあります。いずれかお試しください。
そして、いずれにも共通するのですが、肌を作るもとになる食事をバランスよく摂るようにしてください。美肌のためには内側からも外側からもケアすることがとても重要です。

オススメリンク


大阪の美容外科でヒアルロン酸を注入するならヒアルロン酸注射の高い実績を持つ大阪の「サクラアズクリニック」で施術を受けることをオススメいたします。スタッフは全員女性なので、気軽に相談できるかと思いますよ。

CONTENTS

  • ロングヘアの女性

    やり過ぎは逆効果?ピーリングの注意点

    ピーリングをすると、古い角質が取り除かれ、肌がツルツルになり、とても気分が上がりますよね。 ピーリング直後の肌のツルツル感がやみつきになり、ピーリングが習慣化している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 し…

    MORE

  • ポニーテールの女性

    毛穴改善&シミ取り&医療レーザー脱毛で90万円でした。

    30代に突入し、「お肌のテコ入れをしよう!」とはりきって美容外科に通っておりましたのは2年前の事です。過去には全身をフラッシュ脱毛で終わっていましたが、やはりフラッシュ脱毛は産毛には弱く、うっすらと残っていることがずっと気がかりでした…

    MORE

  • 可愛い女性

    歯を美しくするということ

    美容について考えるにつけて、歯の健康を考えることも重要だと思います。 私はもともと歯が着色しやすいので、二か月か三か月に一度は歯医者に行って着色を取ってもらいます。 その際に歯石がついている部分もクリーニングしてもらい…

    MORE

  • 目を閉じている女性

    リコピンが紫外線から守ってくれる

    紫外線はシミ、シワ、乾燥などさまざまなトラブルを招きます。きれいな肌を維持するためには、紫外線対策が重要です。日焼け止めや帽子、日傘で紫外線を浴びないようにすることも大切ですが、体の内側を整えて紫外線に強い体を作ることで紫外線…

    MORE

TOP